カードローンの限度額アップに必要なのはこれ!

カードローンの限度額交渉に必要な材料は次の3つです。

1.返済履歴に問題がない
2.年収を1円でも高い状態にする
3.利用履歴から信用を高める

カードローンの限度額交渉の中でも特に重要なのは今紹介した3つのポイントだと言えます。

基本的にカードローンは利用する人の年収や過去の利用実績を重視する事が多く、その中でも特に利用実績が重要な項目だと言われているので、限度額を高めたい場合にはこまめな返済と借り入れを繰り返していきましょう。

返済履歴に問題がない

限度額アップを狙う場合、今借りているカードローンの返済履歴はもちろん、他社カードローンやクレジットカードの返済履歴も非常に重要な項目として扱われています。

特に、返済遅れや未納が何度も繰り返して起きている場合、増額審査からの限度額アップはほぼ絶望的だと言えます。

逆にこまめに返済をしている人や、返済期日よりも早めに返済をしている人、何度も完済実績がある人などは、限度額交渉にも有利な材料を持った人だと言えます。

年収を1円でも高い状態にする

また増額審査において、年収と言う項目も非常に重要です。

あなたの年収が1円でも高くなればなるほど、それだけ限度額で増額される期待値もアップする事になります。

特に消費者金融系のカードローンの場合、年収の3分の1以上のお金は借りる事が出来ないので、この年収を少しでも高い状態にしておくことは増額審査では非常に重要な項目だと言えます。

アルバイトやパート収入がなどがメインの場合、たまたま収入が良かった月の給与明細を持ち込むなどして、自分の年収を高く見せることなども有効な方法だと言えます。

利用履歴から信用を高める

返済履歴と同じくらい大切なのが「過去の利用履歴」と言う項目です。

返済履歴では、これまでのカードローンの返済実績を中心にみていますが、利用履歴の方では「いくら借りてきているのか?」と言う事を中心に調べていると言われます。

少し違和感のある話かもしれませんが、金融業界では、1度もお金を借りた事がない人よりも、何度もお金を借りて完済している人の方が評価が高い業界です。

その為、最初の段階で3万円や5万円と言った少額を借りては完済をする。と言った行動を何度も行っていた方が、意外と早く希望の限度額にまで引き上げてくれる事が多いのです。

これは限度額交渉だけでなく、金利の引き下げ交渉にも有効な方法なのでぜひ覚えておいて下さいね!