カードローン審査と勤続年数の関係とは?

<% pageTitle %>” /></p>
<p>カードローンの審査において、勤続年数は非常に重要な項目の一つ。</p>
<p>そして、一般的に言われている<span class=目安となる勤続年数は以下の通りです。

1年以上勤めている

カードローンの審査においては合格ラインと言えます。同じ職場に勤めている期間が長ければ長いほど、審査もプラス評価に繋がりやすいです。

半年以上1年未満

審査としてはギリギリと言えます。もちろん、半年以上働いていて、毎月のお給料がしっかりと安定的に入っていることが証明できれば、審査に通るケースも沢山あります。

半年未満

かなり厳しい状態です。ただし、前年の確定申告書や、現住所の家族構成(親と同居しているなど)によっては、審査も見込みがある場合があります。

目安としては、最低でも半年以上は同じ会社に勤務している状態がないと厳しいと思われます。

転職直後の人はカードローン審査の勤続年数で原因に

カードローン審査でよくあるケースが、転職直後でお金がなくて借りたい状況。

けれど、転職直後だと勤続年数が短すぎてカードローン審査に落ちてしまう場合がよくおこります。

こんな時の対策方法としては、「辞める前にカードローンを作っておく」という方法です。

転職する前に、カードローン審査に通っておけば、次の勤務先が決まるまでの間の生活費を一時的にキャッシングすることが出来るので安心です。

とは言え、多くの場合は辞めてから気づく人も多いはず。

そこで、すでに転職した直後で、カードローン審査に通過したい場合をまとめました。

根気強く審査を申し込む

地味ですが、一番確実な方法です。

月に3社くらいまでであれば、審査を申し込んでも変な履歴とかは残りにくいので、根気強く審査を申し込んでみましょう。

銀行カードローンの方が審査が厳しいので、やはり消費者金融系のカードローンの方がおすすめです。

前職での収入実績を示す

前職の給与明細などがあれば、一応提出しておいた方が良いです。

また転職をした理由がヘッドハンティングなどのポジティブなものであれば、これらも積極的にアピールすることが重要です。

カードローン審査では、限られた時間で多くの人を効率よく審査するため、申込者のマイナス要因を中心に探そうとします。

そのため、マイナス要素だと思われそうな内容に関しては、出来る限りプラス評価に変えておきましょう。

内定書などがあれば提出する

もし転職直後で、内定承諾書などを手に入れているのであれば、それを勤務先証明書として提出するのも有効です。

カードローン側が一番知りたいのは「本当に転職先で勤務するのか」という点。

それであれば、内定承諾書や契約書を勤務先の証明書類として提出できれば、カードローン側に掛けられた疑いもはれます。

あとは勤続年数の問題ですが、これは改善の使用がないので、前職の勤続年数の長さなどをアピールして審査に通りましょう。

勤続年数は嘘をついてもバレにくい項目であることは確か

<% pageTitle %>” /></p>
<p>カードローン側が審査の時に行う在籍確認では<b><span style=「その人が本当に会社に勤務しているか」しか調べることが出来ません。

その為、わざわざ勤務先に電話をして「○○さんは何年くらい働いていますか?」とは聞いてきません。

カードローン側は、信用情報に登録されている勤務先情報や勤続年数を照会するしか方法がないんです。

ただこの信用情報に登録された勤務先情報や勤続年数は、過去のクレジット審査やカード審査であなたが申告をした過去の情報であり、最新の情報ではありません。

そういった事情から、勤務先の勤続年数を短時間で完璧に調べるのは、実はカードローン側は難しいのです。

もちろん、だからと言って、嘘をつくのは考え物ですが、勤続年数を大体の大枠で伝えても怪しまれることはほぼないのが実情なのです。