銀行カードローンの審査は基本的に甘い!

「審査に確実に通るカードローンが欲しい」

もしあなたがそんな事を思っているなら、銀行のカードローンが間違いなくおすすめ。と言うのも、銀行と消費者金融を比較した場合、審査に通りやすいのは間違いなく銀行のカードローンだからです。

基本的に消費者金融からお金を借りようとする場合、あなたの年収の3分の1以上の金額は法律上、絶対に借りる事が出来ない仕組みになっているんです。

つまり、仮に年収が300万円の人がいた場合、その人は100万円以上のお金を消費者金融から借りる事は法律で禁止されている為、絶対に借りる事が出来ません。

ところが、銀行のカードローンでお金を借りようとする場合、年収が300万円の人でも、200万円や300万円の限度額のカードを持つ事が出来る可能性があるんです。

これが銀行のカードローンは審査が甘いと言われる理由になります。

なぜ銀行は年収以上の限度額でキャッシングが可能なのか?

ではなぜ銀行のカードローンだけ、年収以上の金額をキャッシングする事が出来る様になっているのか?実はこれには、消費者金融と銀行で守っている法律が違うのが原因だと言われているんです。

簡単に言えば、消費者金融は消費者金融の法律(貸金業法)があり、銀行には銀行の法律(銀行法)が存在していて、それぞれが法律に従ってお金を貸した結果、消費者金融には限度額の制限が、銀行には限度額の制限なくお金を借りる事が出来る様になっているのです。

つまり、すでに複数社からの借入がある場合や、まとまった大きな金額を借りたい場合には、間違いなく銀行が発券するカードローンがオススメだと言えます。

また審査に確実に通りたいと思う場合でも、銀行カードローンの方が金利も安く審査も安心なので、受けて絶対に損はないと言えます。

銀行カードローンでも審査基準は存在します。

とは言え、審査が甘いと言われる銀行カードローンでも、やはり最低限の審査基準は存在するので、誰もが必ず審査に通ると言う訳ではありません。当然ですが、無職の人や未成年は絶対に審査に通らないのであきらめましょう。

ただし、専業主婦や学生の場合であれば銀行カードローンの審査に通る可能性は十分にあるので、一度お試し診断などを利用するのをおすすめします。

中でも三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、多くの人が利用している銀行カードローンの代表格なので、ぜひ利用してみて下さい。このカードローンはATMの利用手数料が0円になるほか、業界屈指の低金利なのであなたも間違いなく安心して使う事が出来ます。

カードローンは基本的に銀行の方が低金利で安心感も大きく、審査も甘いと言われているので、すぐにでもお金が必要な場合、今すぐ仮審査を申込みましょう!