銀行カードローンの審査は本当に甘いのか?

銀行カードローンについて色々と調べていると

「銀行カードローン 審査 甘い」
「銀行カードローン 審査 緩い」

こういったキーワードで検索している人たちがたくさんいることが分かりました。

確かに銀行カードローンは総量規制対象外なので、年収の3分の1以上のお金を借りることができます。

それに対して諸費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1までしかキャッシングすることができません。

こういった借りれるお金の限界値が違うことが理由で「銀行カードローンの方がお金を借りやすいんじゃないか?」というイメージが出ているのかもしれませんね。

では、実際のところはどうなのか?

結論から言えば、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい傾向にあります。

もちろんあなたが申し込む銀行カードローンによっては、審査基準もバラバラなので、違った審査結果が出る場合もあります。

ただ、全体的な傾向としては銀行カードローンの方が審査は難しい傾向にあると言えると思います。

今回はその理由についても解説していくので、ぜひチェックして下さいね。

銀行カードローンの審査は消費者金融と何が違うのか?

銀行カードローンと消費者金融を単純に比較した場合、主に下の様な違いがあります。

銀行カードローンは金利が安く限度額が高いのが特徴

つまり、消費者金融と比較して「金利が安く高い限度額で借りれるが、審査が厳しい」のが銀行カードローンということ。

では、具体的にどこの審査基準に消費者金融との違いがあるのか?

詳細な審査基準に関しては、各カードローンによって違うので分からないことも多いですが、主に下の様な点に違いがあるようです。

1.目安の年収に差がある

まず銀行カードローンの方が審査基準としている目安の年収が高いというのがあります。

具体的な目安年収と言うのは公開されていませんが、消費者金融が年収100万円前後の人でも審査に通るのに対し、銀行カードローンは年収が200万円以上の人が審査に通っているケースが多いようです。

もちろん年収が100万円前後でも銀行カードローンの審査に取っているケースはありますが、その場合は消費者金融で借りたときよりも限度額が抑えられていることが多いようです。

このことから年収が100万円未満の場合は、銀行カードローンを選ぶよりも消費者金融を選んだ方が審査に通りやすいと言えるかもしれません。

消費者金融との違い その1

  • 消費者金融の目安年収は100万円ほど
  • 銀行カードローンの目安は200万円ほど
  • 年収が低い場合は消費者金融が有利

2.審査対象の幅が本当は狭い

いくつかの銀行カードローンをチェックしていると、審査対象に職業を書いている公式サイトは見当たりませんでした。

あくまで「安定した収入が十分にある人」と書いてあるケースがほとんどです。

ただ、実際に銀行カードローンの審査に通過している人のほとんどは、正社員や公務員に就いている人でした。

逆にパートやアルバイト収入がメインの人や、派遣社員の人は審査に落ちているケースがとても多くあります。

このことから考えられることは、公式サイトでは「安定した収入がある人」と言いつつ、実際には正社員や公務員などの安定した雇用に就けている人の方が審査に有利と言えるのかもしれません。

一方、消費者金融の場合は、パートやアルバイト収入がメインの人でも審査に通ってることがとても多いです。

つまり、あなたの現在の職業に応じて銀行カードローンか消費者金融かを選ぶと審査も落ちにくくなると言えそうです。

消費者金融との違い その2

  • 銀行カードローンは正社員や公務員向け
  • 消費者金融はパートやアルバイト向け
  • あなたの職業に合わせて選ぶのが良い

3.実は専業主婦でも借りれるケースがある

さっき「職業に合わせてカードローンを選ぶ」と書きましたが、実は1つだけ例外があります。

それが専業主婦の場合です。

実は専業主婦の場合、配偶者に十分な収入があることを条件に、銀行カードローンでは融資を行ってくれるケースがあるんです。

もちろん限度額に制限は掛かりやすいですが、パート収入が足りない場合は、夫の年収を合算して借りれることもあるようです。

ただし一部の銀行カードローンでは配偶者の収入合算をしないところもあるので、審査を申し込む前に利用規約などをチェックすることをおすすめします。

消費者金融との違い その3

  • 専業主婦でもキャッシングできる
  • 配偶者との収入合算ができる
  • 事前に利用規約などをチェックする

正社員や公務員であれば銀行カードローンがおすすめ

今回は「銀行カードローンの審査は本当に甘いのか?」という視点から、銀行カードローンの審査の特徴を3つにまとめました。

改めて内容をまとめると次の通り。

銀行カードローンの審査は公務員や正社員の人がおすすめ

そのため、もしあなたが公務員や正社員なのであれば、銀行カードローンの審査を申し込むのがおすすめだと思います。

逆にあなたがパートやアルバイト収入がメインの場合は消費者金融系のカードローンの方が審査に通りやすいです。

ちなみに最近の消費者金融は銀行カードローン並みに金利が低く限度額が高いカードローンが登場しています。

しかも、無利息キャッシングなどの独自サービスを行っている消費者金融も増えているので、銀行カードローンと大きな差もなく使えますよ!

あなたの職業や状況に応じて、上手にカードローンを選んでくださいね!