カードローン審査を申し込むのであれば、クレヒス(クレジットカードヒストリー)をいかにきれいにしておくのかが重要です。
もしあなたが審査にどうしても通らない場合は、今から紹介する3つのクレヒスに問題がないか一度確認をしてみて下さい。
クレヒスで注意するべき3つのポイント!

現在のカード支払に滞納や未納がある
過去2年間で未納や滞納を繰り返している
過去2年間で未収状態が3か月以上続いた履歴がある

もしあなたが今紹介した3つのポイントのうち、どれか1つでも心当たりがあれば、カードローン審査に通る可能性はかなり低いと言えます。
これらの条件を満たしていないと、いくら審査が甘いカードローンに申し込んだとしても、お金を借りることはかなり難しいと言えます。
特に複数のカードローン会社からすでに借入がある場合は、一度債務整理を検討するか、知り合いにお金の相談を持ちかけてみて下さい。
それが嫌な場合であれば、中央リテールなら何とかしてくれるかもしれませんので、一度中央リテールで融資が難しいかどうかの相談をしてみましょう。

>>中央リテールの詳細についてはこちら<<

現在のカード支払に滞納や未納がある

現在のカードの支払いに滞納や未納がある場合、カードローン審査に通る可能性は難しいと言えます。
カードローンの審査では、クレジットカードヒストリーが重視されているので、現時点で未納や滞納がある、つまり「お金を返済できていない人」に対しては、審査を厳しくする傾向にあるためです。
対策としては、まず先にクレジットカード会社に連絡をし、未収状態になっているお金を支払うことが先決です。

過去2年間で未納や滞納を繰り返している

もう一つ注意をしたいのが、過去2年間の間で未収や滞納を何度も繰り返しているパターンです。
この状態は、カード会社側にとって非常に嫌なお客様として扱われるケースがほとんど。
理由としては、お金を貸してもちゃんと返済してくれるか貸し手側が慎重になるためです。
2年間、つまり過去24か月の間で10回以上も滞納や未収を繰り返していると、ほぼカードローンの審査は絶望的と言えます。
打開策としては、最低でも直近の3か月以上は未収や滞納がない状態を続けておくと、カードローン側の印象もよくなるケースが多いです。
心あたりがある場合には、まずは3カ月未収や未納がない状態を保つようにしましょう。

過去2年間で未収状態が3か月以上続いた履歴がある

最も注意をしなければならないのが、過去3か月以上未収状態が続いたクレジットカードがある場合。
この状態になると、事故情報(ブラックリスト)に登録されている可能性が高く、最低でも5年は新規でカードを作る事が出来ない状態になっているかもしれません。
もしこれまでの人生の中で、一度でもクレジットカード会社からの督促状が届いた経歴がある場合は要注意。
あなたのクレヒスが事故情報に登録されているかどうかは、CICなどに個人情報の開示請求をすることで分かります。
不安な場合は、問い合わせるようにして下さい。

クレヒスは正しく積み重ねればカードローン審査も甘くなる!

今回はクレヒスが悪い状態の時の注意事項について伝えました。
ですが、本来クレジットカードヒストリーと言うのは、正しく積み重ねていけばカードローン審査で有利に働いてくれる審査条件です。
カードの支払いをこまめに行い、滞納のない状態を長く続けることが出来れば、あなたもカードローン審査で何にも不安に思うことなくお金を借りることが可能です。
もし審査について色んな不安があるのであれば、ぜひ一度中央リテールに相談してみて下さい。
きっと中央リテールなら、あなたを応援してくると思いますよ!

>>中央リテールの詳細についてはこちら<<